The Million Writing(ミリオンライティング)の特典や評判を完全解剖レビュー

目安時間:約 33分

 

 

応援クリックお願いします!

 

 

こんにちは、Ko-heiです。

今回はコピーライティング商材『The Million Writing(ミリオンライティング)著:宇崎恵吾』についてレビューします。

 

コピーライティング関連の情報商材は数が少ないですが、その中でも有名だと聞いたので私も買ってみました。

 

買う前に事前に調べたところ、なんだか評判がすごく分かれていて、「とっても良い!」と高評価している人と、「期待はずれ・・」と思いっきり批判している人といろいろありました。

 

実際に私も買ったのですが、客観的に観ると人を選ぶ感じがします。

 

この記事では『The Million Writing(ミリオンライティング)』の私個人的なレビューの他に、教材の中身や特典の解説、ネット上の評判や批評もまとめたのでぜひ参考にしてください。

 

もしあなたが、この教材を購入する気でいるなら、取り合えずこの記事を読んでみて「自分に合っているかどうか?」を確認してから買うことをオススメします。

 

 

 

 

 


ハツ

良い教材じゃないの?

 


Ko-hei

個人的には良書。だけど、使い方が難しいからその辺も解説するね。

 

 

『The Million Writing』ってどんな教材?

 

『The Million Writing(ミリオンライティング)』はインフォトップなどの情報商材を扱いっている販売サイトでは有名なコピーライティング関連の教材として知られています。

 

 

 

コピーライテイング教材と言われてはいるのですが、『The Million Writing(ミリオンライティング)』の販売ページを見てみると、「コピーライティング」という文字が1つもありません。

 

理由は著者の宇崎さんが、

「コピーライティングのスキルになんて興味はない」という人にも広告を読んでもらいたかったからです。」(教材の中身から原文そのまま)

 

とのこと。

 

そのため、教材の内容もコピーライティングという文字があまり使われていません。

代わりに、読まれやすい文章の書き方や文章を使った心理技術関連の説明が多いです。

 

 

 

宇崎さんって何者?

 

この『The Million Writing(ミリオンライティング)』の著者、宇崎恵吾氏ですがこの人はあまりプロフィールを公開していません。

宇崎恵吾氏の運営しているサイト「コピーライティング至上主義の会」にも詳しいプロフィールは見つけられませんでした。

 

 

 

しかし、教材を買った際に付いてくるシークレット特典の無料のメール講座に登録した時に、

メールで少しだけ説明があったので、ここに載せておきます。

ー宇崎恵吾のプロフィールについてー

ブログの方ではあえて私個人の事については

ほとんどと言っていいレベルで何の情報も公開していません。

 

ああいうブログには大抵年収が幾らだとか、

どれくらい稼いだ実績があるとか、

そういうところで興味を引くというのが普通になってますが

私はあえてそういうのを無しにあのブログを運営しています。

 

公開している情報は東京出身、都内在中の28歳という事と

職業がフリーのコピーライターであるという事、

ただそれだけです。

 

これはただ純粋に、私のスキルやノウハウに興味を持って

高い意識で私の話を聞いてくれる人だけを集めたいという理由からです。

 

札束などを見せられた興奮するような人じゃなく

真剣に重要な物事を学びたい人を集めていきたかったわけですね。

何より幾ら稼いだとか、そんな話は私の師匠の実績で十分なので

そこに対して私の収入とかは本当にどうでもいいところだと思うんです。

 

ー引用元:Million Writing購入者限定通信メルマガよりー

 

要は、「コピーライティングのスキルやノウハウだけ教えるブログだから、自分の実績は書かない。」

というスタンスだそうです。

 

 

 

実績については宇崎恵吾氏の師匠について少し記述があったので、こちらも載せておきます。

ー宇崎氏の師匠の実績ー

 

・ネットビジネスを始めて1年で5億の収入を稼ぎ出した
(売上では無く利益ベースで5億です)

 

・彼が持っているスキルはたった1つだけだった

 

・ほぼ何もしなくても数千万円の収入が飛び込み続ける、
そんなビジネスモデルをゼロから構築していた。

 

・それだけの収入を一切名前を公表する事無く、
全くの「無名」のまま稼ぎ続けていた。

 

・これら全てをたった一人で成し遂げていた

 

ー引用元:Million Writing購入者限定通信メルマガよりー

 

宇崎氏の師匠は何らかの事情でネットで情報を公開しておらず、わかっているのは「コピーライティング基盤にしたビジネスをしている」ということぐらいです。

 

師匠の正体がわからない代わりに、弟子の宇崎氏が教わったスキルやノウハウを、ブログやメルマガ、そしてこの『The Million Writing(ミリオンライティング)』になります。

 


ハツ

ちょっと怪しい感じがする・・

 


Ko-hei

まあ、そう思うよね(笑)だから教材の中身を後で少しだけ紹介しておくよ。

 

 

PDFファイルのみの販売なので本は無し。

『The Million Writing(ミリオンライティング)』はPDFファイル形式でしか販売していないので、書店の店頭や、Amazon、楽天のような中古販売サイトでも買うことができません。

 

Kindle版のようなものもなく、インフォトップなどの情報商材サイトでしか扱っていませんので注意してください。

 

 

全額返金保証がついている

 

この教材のすごいところが、購入日から365日以内なら全額返金保障がついていることです。

 

基本的に、情報商材は大抵返金保証はつけないことがほとんどです。

 

何年か前に『ネットビジネス大百科(販売者:和佐大輔)』という教材があり、『返金保証がついてる情報商材』として販売されており、一時期有名になっていました。

 

 

 

 

 

しかし後に、どうやら悪質なアフィリエイターに「購入をした後に返金した人にはボーナス特典をつける。」なんてことをされてしまい、返金制度を廃止するに至ったそうです。

 

・ネットビジネス大百科を購入すればこんなボーナスを差し上げます。
・ネットビジネス大百科購入後にすぐに返金すれば、ボーナスが無料で手に入ります。

 

などの、返金を明らかに助長するような紹介をするアフィリエイターは、アフィリエイト報酬を最低まで下げさせていただきます。

ー和佐大輔ー

 

 

こんな事例もあったらしく、ほとんどの情報商材は返金保証はつけていません。

 

しかし、『The Million Writing(ミリオンライティング)』はこんな情報商材業界の中、購入から365日以内なら全額返金保障をつけているので、内容が気にいらなかったなら、金を戻せるので損はしないはずです。

 

 

 


ハツ

本当にお金は取り戻せるの?

 


Ko-hei

私は返金してないけど、本当に返金できないなら販売サイトからとっくに警告をもらって、販売禁止になってるはずだよ。 販売サイト自体も審査をしてるし、詐欺商品を売ろうもんなら、信用ガタ落ちだから。

 

 

内容を少しだけ紹介

 

 

先ほど言いましたが、『The Million Writing(ミリオンライティング)』は人を選ぶ教材です。

 

返金保証もついているとはいえ、あなたに「この教材に本当に自分に合っているのか?」を確かめてほしいので、内容を簡単にご紹介します。

 

ぜひ参考にしてください。

 

第1章 成約の原則

 

第1章は、内容はコピーライティングのテクニックや心理学のノウハウでなく、文章の基本が書かれています。

 

コピーライティングは、商品を買いたくなるような文章を書く高等技術です。

文章の基本である国語ができていないと、コピーライティングのテクニックを理解していても使いこなすことはできません。

 

私も過去にコピーライティングの本を読んで、いざ実践してみてもうまくいかないことが、結構あります(笑)。

 

 

 

 

『The Million Writing(ミリオンライティング)』でも、人に伝わる文章の説明を最初にしており、

「成約を取るためには、「人に伝わる文章」を書けないといけない、そのためにはどうしたらいいのか?」

 

について、50ページほど使って解説しています。

 

コピーライティング以前の話になっているとはいえ、「読者の反応率を上げるための文章の基本」をまとめているので、理解しやすい内容でした。

 

 

第2章 人間心理の原則

 

第2章は、文章における人間心理について書かれています。

簡単に説明すると、人は文章を見ても、

 

・読まない

・信頼しない

・行動しない

 

この3つの壁があるので、これをどう突破するかについて説明しています。

 

俗にいう「コピーライティングの3つのNOT」ですが、かなり詳しく説明されていました。

 

私も3つのNOTはコピーライティングを学ぶ前に、この基礎を知らないと上達しないよ?の記事で説明していますが、

このブログよりもはるかに細かく濃密に説明していますね(笑)

 

 

 

第3章 成約を決定付ける2つので限定要因

 

第3章は、成約を決定づける要因を説明しています。

 

内容は

 

・リサーチとターゲッティング

・広告のヘッドコピーの切り口と成約に持っていく文章の展開方法

 

このことについて話しています。

 

 

 

 

リサーチとターゲッティングとは「商品を購入してほしい人の特徴を調べて、設定すること」。

 

例えば、『アフィリエイトのノウハウ』を売るにしても、

 

・「アフィリエイト」という言葉すら知らない

・知っているはけど、やったことがない

・すでに始めているけど、稼げていない

 

これだけでも、言うべき言葉が変わっていきます。

 

そのためのリサーチとターゲッティングについて重要性を説明しています。

 

次に、広告のヘッドコピーの切り口と成約に持っていく文章の展開方法について書かれていました。

 

・「切り口」とは“広告そのものの切り出しをどうするか”(最初に何を言うか?)。

・「展開」とは“その切り口からコピーをどう展開していくか”(どんな言葉を使っていき、成約までつなげるか?)。

 

 

簡単に言うと、

「成約に結びつけたいなら、ターゲットにしている読者にとって一番適切な言葉を考えろ」

ということです。

 

まず、コピーの"切り口”は

 

・商品(もしくはサービス)のターゲットは誰か

・商品(もしくはサービス)の一番のメリット、ポイントは何か 

 

 

 

この切り口を最初に決めて、成約までに持っていく展開方法を、

 

 

・実績を軸とする展開

・危機感を軸とする展開

・将来性を軸とする展開

・販売者もしくは他の人物を軸とする展開

・保証を軸とする展開

・その他の企画などを軸とする展開

 

この6つから適宜選択するというものです。

 

あまりテクニック的なことは言っていませんが、

この「切り口と展開の重要性」をわかっていないと、

せっかくテクニックを学んでも、効果的に使えないと言っていますね。

 

そして、第3章後半にこの「切り口の決め方」と「展開構成」について『The Million Writing(ミリオンライティング)』を例に挙げて説明していました。

 

ちょっと難しい話でしたが、小手先のテクニック論ではなく、「読者の心を揺さぶるにはどんな文章にすればいいか?」

という心理学的な話でしたので、勉強にはなりました。

 

 

第4章 コピーライティング

 

この第4章でやっとコピーライティングという言葉が出てきました。

 

内容は簡単に言うと、成約に結びつけけるために、

「どんな事をどんな順番」でセールスレターを書いていくのか説明しています。

 

第2章で説明した3つのNOTの攻略を考えつつ、反応率の高いコピーを書くために必要なことを、4つのブロックに分けて書いていくというものでした。

 

1、商品やサービスの提供者もしくは「あなた」についてを解説するブロック

2、提供する商品やサービスについてを解説するブロック

3、その提供条件についてを解説するブロック

4、その他(Q&Aやお客様の声など)のブロック

 

この4つのブロックについて解説しています。

 

 

 

 

ただ、こちらも第3章と同じように、コピーライティングのテクニックを使っていく解説ではなく、

「人の心を刺激するための大切なこと」を意識した文章になっていました。

 

 

ですが、心理学的な話なので、コピーライティングのテクニックを学んだ上で読んでいれば、とても勉強になります。

 

私も勉強したコピーライティングのテクニックがより使いやすくなって良い文章が書けるようになりました。

 

 

シークレット特典:購入者限定の無料アフィリエイト講座

 

『The Million Writing(ミリオンライティング)』の本編は、第4章で終わりですが、

シークレット特典として『購入者限定のメルマガ形式の無料アフィリエイト講座』に無料で登録できます。

 

内容は、「アフィリエイトビジネスをやったことがない人」向けに、

 

・サイトのテーマ選定

・記事の書き方

・成約に結びつくまでの流れ

 

などのポイントがまとめているメール講座で、文字数も約5000文字×10通なので、なかなかのボリュームがあります。

 

 

特に、「成約に結びつくまで」のやり方は「アフィリエイトはブログで集客してメルマガでセールスをする」という流れを推奨しており、ここは素直に共感できましたね。

 

ブログアフィリエイトの最大の弱点は「商品を買ってくれた人(お客様)に対して、こっち(ブログ運営者)から再アプローチができない」ことなので、その弱点を補っている説明はとても良いと思いました。

 

 

 

 

ただ、やはり無料のメール講座でしかないのと、テクニックを重視した説明ではなく、「読者の反応率を文章の書き方」という心理学重視の説明で、例文はほとんどありません。

 

 

「ウェブの稼ぎ方」を学ぶなら、やはりお金稼ぎの必須スキル! ウェブマーケティングを学ぶならこれ!で紹介している『Unlimited Affiliate NEO』が有料教材のほうがよっぽど質が良いですし、

「アフィリエイトで稼いでいく方法」の無料メール講座は、

私の『うつKo-座』でも情報公開しています。

 

 

 


ハツ

宣伝じゃん。

 


Ko-hei

まあ、否定はできない・・。でもテクニック説明をするときは例題を多く出してるから、よかったら登録してね。

 

 

私の無料メール講座はこちらです↓

 

お名前  
メールアドレス

 

 

しかし、「教材のオマケ」としてみれば充分な量です。

それに心理学ベースの説明なので、ビジネスにありがちな「テクニックに走って、本質を見落とす」ことはなくなります。

 

 

 

他の購入者の評判をまとめた

 

 

私が独自で調べただけですが、ネット上の『The Million Writing(ミリオンライティング)』の評判もまとめてみました。

 

結論だけ先に言うと、「購入した人がどうゆうつもりで買ったのか」で評価が分かれていますね。

 

良い評判

 

・コピーライティングを学ぶ上での「良きお手本」

 

・決して神がかっている訳ではないので、誰でも習得できる。

 

・コピーライティングという強力なスキルを得るその道筋について丁寧に触れている。

 

・これまでにライティングをしてきたけどいまいち思うような結果が得られていない人にはベスト。

 

 

心理学を基本にして説明しているので、良い文章が書けるようになった、という人が多かったです。

「今までテクニックに走って本質を理解できていなかった」と感じていた人は、高評価をしており、満足している様子です。

 

 

悪い評判

 

・あくまでもセールスレターの書き方に特化した教材なので、ブログに落とし込むには工夫が必要。

 

・コピーライティングの知識を少し知っていないとわからないので、初心者向けではないし、上級者向けでもない。

 

・あくまで文章心理の説明だけで具体例がない、理解しにくく、レベルが高め。

 

・「コピーライティングの教材」だと思って買ったのに、テクニックがほとんど載っていない。

 

あくまでの心理的な説明だけで終わってしまっているので、「コピーライティングとはどんな文章なのか知らない人」には、難しい教材という意見が多かったです。

 

あとは、「具体的な例文が少ないので実践で使うには難しい」という意見も多数ありました。

「コピーライティングの教材」として期待して買った人は、特に満足していない様子ですね。

 

 

Ko-heiの個人的レビュー

 

私が個人的に思った、『The Million Writing(ミリオンライティング)』良し悪しも説明しておきます。

 

Ko-hei自身は良書と判断していますが、やはり良いところと悪いところはそれぞれあるので、しっかりまとめておきました。

 

 

 

 

良いところ:心理学や本質を学ぶにGood。

 

 

先ほども言ったように、『The Million Writing(ミリオンライティング)』はコピーライティングのテクニックやノウハウが詳しく説明されている教材ではありませんが、テクニック以前に反応率を上げる文章や言葉の本質を知りたいならとても役に立ちます。

 

そのため、

・テクニック以前に読者の反応率を上げたい。

・テクニックはある程度知っているけど、効果的な使い方がわからない。

 

などと考えている人には良質の教材です。

 

例えば、教材の159ページには「コピーを書く際の切り口と展開方法」について説明されており、その判断要因として、「→0、0→の法則」という公式を説明していました。

 

この「→0、0→の法則」とは、教材からそのまま例文を引用してきたので、下記をご覧ください。

 

ビジネス関連のノウハウの場合

・→0の動機:貧困状態から抜け出したい。
・0→の動機:もっと裕福になりたい。

 

いざリサーチを行う場合や、そのターゲットにとっての一番のメリットを考える場合、まずはその広告をどちらの方向性を重視していくかの判断を行う事が、その後のリサーチやターゲッティングを行っていく上での近道となります。

 

ーThe Million Writing(ミリオンライティング)』159ページより引用ー

 

 

リサーチをした後に文章を書くときも、たまに方向性がわからなくなるときは私にもあったので勉強になりましたね。

 

 

 

コピーライティングのテクニックだけ学べても人間心理の基本をわかっていないと、せっかくのテクニックも宝の持ち腐れなので、

こういった、本質を説明してくれるのはとても良いところだと思いました。

 

 

 

悪いところ:テクニックが学べないので、初心者には難しい。

 

 

先ほども言ったように、あくまで文章心理の本質ばかり話しているので、テクニックの説明はほとんどありません。

 

具体例がないのでもしあなたが、コピーライティングやセールスレターについて何もわからない素人だったら、いきなり読んでも理解するのは難しいと思います。

 

 

先ほど「→0、0→の法則」を説明を再度例に挙げますが、「法則の説明の重要性」だけで話が終わってしまい、「使い方を説明している例文」がないのです。

 

数学で例えると、「公式の説明はあるけど、例問題が無い」と言えるでしょうか。

 

だから、「→0、0→の法則の理屈はわかったけど、具体的にどうゆう言葉を使えばいいの?」となってしまうので、初心者にはレベルが高い印象です。

テクニックや場面に応じた具体例を勉強するなら、別の教材を読むしかありません。

 

 

まとめ 他の教材と合わせて使って真価を発揮する!

 

結論をいうと、『The Million Writing(ミリオンライティング)』は「あくまでも文章心理学の教材」であり、コピーライティングを使えるようになる教材ではない、と思った方がいいです。

 

具体的な実例もあまり無いので、コピーライティング初心者には少し難しい教材であり、賛否両論の評判を受けるのも納得できる内容でした。

 

 

「コピーライティングのテクニック以前に文章心理の本質を知ってくれ!」というのが、

この『The Million Writing(ミリオンライティング)』の特徴といえます。

 

 

もし、コピーライティングを勉強する場合、

 

単純にテクニック集や知識を学びたいなら、現代広告の心理技術101

 

具体例から実践形式で学びたいなら、最強のコピーライティングバイブル

 

の方がわかりやすいです。

 

だからと言って、『The Million Writing(ミリオンライティング)』決して悪い教材ではなく、文章心理の本質を理解するには中々良いので、「テクニックだけわかっても効果的な使い方がわからない」という可能性を極力下げることができます。

 

 

 

 


ハツ

単品だと使いにくいけど、他の教材と合わせて使えばいい感じ?

 


Ko-hei

そうだね。初心者はまず他の教材でテクニックを理解してから、この『The Million Writing(ミリオンライティング)』で補完するような使い方をすれば、スキルアップしやすいよ。

 

また、『The Million Writing(ミリオンライティング)』はブログの集客記事を書くことより、セールス関連に特化した文章について説明されているので、アフィリエイトに利用するならメルマガ登録記事や商品を紹介する記事を書くときに利用しやすいです。

 

 

 

集客記事は実例をそのまま紹介しているので、詳しくはこちらの記事をご覧ください↓

Unlimited Affiliate NEO を試したら、ちゃんと検索上位表示できた話をします!

 

どのみち、ブログの集客記事(SEO記事)に適した教材ではないのは確かであり、セールスページを書くにしても、初心者が読むにはレベルが高すぎます。

 

ですが、商品を売りたい記事やメルマガ登録ページを描きたいなら、必ず参考になります。

 

Ko-hei

 

 

 

セールスコピーライターの始め方をまとめました!

もしあなたがセールスコピーライターを興味を持ったのなら、

 

【うつ病でもできた】初心者からセールスコピーライターの始め方

 

 

という記事で超具体的にセールスコピーライターの始め方をまとめましたので、ご覧ください。

 

 

私がうつ病でもできた仕事。セールスコピーライターの始め方を教えているメール講座をやっています!

 

こんにちは、Ko-heiです!

 

私はセールスコピーライターはうつ病で苦しんでいても、人並み以上に稼いでいける仕事であると思っています。

 

もしあなたが、

 

  • セールスコピーライターに興味がある
  • うつ病になって会社勤務が難しい・・・
  • 今はブラック企業に勤めていて、仕事を辞めたい!
  • 就職、復職に悩みがある。

 

などなど、考えているなら、セールスコピーライターの仕事を紹介したいです!

 

そして、セールスコピーライターとして稼いでいける方法を、メール講座で配信しています。

 

セールスコピーライターに必要なスキル、すなわちコピーライティングの習得方法や、ネットでの稼ぎ方を提供しているので、

もし少しでも興味があるなら、是非登録してみてください!

 

なお、このメール講座自体は無料です!

 

『うつ病ライターKo-heiが教えるメール講座(略してうつKo-座)』

 

 

お名前  
メールアドレス

 

 

あなたのご登録をお待ちしています!

Ko-hei

 

こちらもクリックお願いします↓

 

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. takafumi より:

    こんにちは。
    Ko-heiさんの仰る通りです。
    何年も前に購入したことがあり、
    その頃にはあまり役に立たないと思いましたが、
    今読み返すとなるほどと思うことがあります。
    確かに初心者にはむずかしいと感じました。

    • Ko-hei Ko-hei より:

      takafumiさん、コメントありがとうございます。

      もうちょっと具体的な説明があれば嬉しいですよね。
      よくよく読んでみると結構役に立つ情報が満載なので、過小評価がもったいないですよね。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

検索
このサイトの管理人

Ko-hei

バンドマンを目指していたが、うつ病になってしまった。楽器はドラムを担当。

しかし、うつにめげずにセールスコピーライターとして、いくつもの案件に取り組んで成果を出している。

友人からは「いつも疲れてる顔をしてるね。」なんて言われがちだが、そんなことはない。

コピーライターとしての傍ら、セールスライティングをバンド活動に活かせないかと考えてもいる。

実績の1つとしては、記事数20記事以下の状態でも検索順位TOP10内に表示できている。

 

詳しいプロフィールはこちら

Twitterやってます→@doramurata

登場人物

ハツ

人見知りが激しい就活浪人生。

人前で話すことが得意ではないので、人間関係にも苦労しており、最近少しウツ気味。

「せっかくだから、時間に余裕のある働き方をしたい!」と思っている中、セールスコピーライターという職業を知った。

ページの先頭へ