【コピーライティングをうまく使うコツとは?】まずは読者の心理を理解しよう!

目安時間:約 18分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、Ko-heiです。

 

今回はコピーライティングのコツを教えたいと思います。

 

コピーライティングを学ぶときは、いろんなコピーライティング技術を学ぶために本を読んだり、誰かに教えてもらったりといろいろ勉強すると思います。

この私のブログでもコピーライティングを勉強する際に是非とも読んで欲しい本として、『現代広告の心理技術101』紹介していますが、どれだけ技術を学んでも、

 

  • なんだかんだで、コピーライティングを扱えない!
  • うまく文章や広告が書けない!
  • 反応率が悪い!

 

こんな悩みを持ったことはないでしょうか?

せっかくコピーライティングの知識や情報を得ても、このままでは宝の持ち腐れになってしまいます。

そこでこの記事では、「勉強したコピーライティングを知識を上手に扱うためのコツ」を詳しく解説していきます。

 

 

 

「コピーライティングってそもそも何?」って人はここを読んでください。

 

コピーライティングのコツを解説をする前に、コピーライティングの意味がよくわかっていなければ、この記事を読んでも理解できないと思います。

 

コピーライティングとは簡単に言えば、「人間心理を理解して、文章で読者の行動を変えること」です。

明確な定義はありませんが、私はこう考えています。

 

「人間心理」という言葉があるように、コピーライティングの本質は心理学なので、今回紹介するコツも「読んでもらうためのの心理を理解するためのコツ」と言い換えても過言ではないのです。

 

もっと詳しいことはセールスライターって何?という記事で解説しているので、こちらをご覧ください。

 

 

 

 

"SEOライティング"と"コピーライティング"はそれぞれ違うものって知ってますか?

 

コピーライティングとSEOライティングはどちらもWebに関係することなので、

「コピーライティングを勉強すると記事を検索上位表示することができる!」

という勘違いをする人が多いです(私もそうでした 笑)。

 

"コピーライティング"は、サイトやページからの成約率をあげるテクニック。

 

"SEOライティング"は、読者に必要な情報を書いて検索ヒットしやすくするテクニック。

 

それぞれ別物です。

 

この記事では「コピーライティング コツ」とかで検索してきた人に読んでもらいたいように、”SEOライティング”を使っています。

 

”コピーライティング”を使った記事は、

 

30万円の稼ぐ知識が約4000円に本に? 『ザ・ローンチ』 

 

お金稼ぎの必須スキル! ウェブマーケティングを学ぶならこれ!

 

この2つはSEOではなくコピーライティングを駆使して書いたつもりです。

 

この記事では、あくまで「コピーライティングのうまく使うためのコツ」を書いているので、

「SEOライティング」で結果が出た話は

Unlimited Affiliate NEO を試したら、ちゃんと検索上位表示できた話をします!

に書いてあるので、こちらを参照してください。

 

 

コピーライティングを習得しないと「3原則の壁」ぶち当たります。

コピーライティングの有名な基礎知識の一つに、「マクスウェル・サックハイムの三原則:通称3つのNOT」というのがあります。

 

コピーライティングにおけるの3つのNOTとは、

 

  1. 読まない(Not Read)
  2. 信じない(Not Believe)
  3. 行動しない(Not Act)

 

というもの。

これは”広告における人間心理の3原則”といわれるもので、もっと要約すると、

 

  1. お客様は読んでくれない。
  2. お客様は信じてくれない。
  3. お客様は行動してくれない。

 

という意味になります。

 

 

この3原則の壁の突破方法はコピーライティングを学ぶ前に、この基礎を知らないと上達しないよ?

という記事で詳しく書いています。

 

 

あくまでここでは上達できるようになるコツを書いています。

 

この記事を読んである程度コツを学んで、テクニックを駆使して「3原則の壁」を突破してくだいさいね。

 

 

 

コピーライティングでよくある失敗

 

コツを話す前に、コピーライティング初心者が「そもそもなんで上達できないのか、うまく書けないのか?」この悩みの理由について説明します。

 

原因は主に2つあります。

 

 

 

1、読者(ターゲット)のことを全く考えていない…

 

文章を書く際に、相手(読者)のことをよく考えずに自分の書きたいことを書いてしまうことです。

 

例えば私はこの記事で「コピーライティングをうまく使うためにコツを知りたい人」に向けて文章を書いています。

そのために私は「上達できない理由」や「どうすれば上手く書けるようになるのか?」を詳しく書いているつもりですし、あなたも「コピーライティングをうまく使えるようになりたい!」と思ってこの記事を読んでいるのではないでしょうか?

 

ここでターゲットを明確にせずに、

 

  • 今日の出来事
  • 文章の上手な書き方
  • 競馬必勝術
  • ドラムのテクニック紹介

 

などなど自分の好きなことをいろいろ書いてしまうと、

「これってなんのブログ?」

となってしまい、よくわからないブログになってしまいます。

 

読者から見ても、

「このブログで自分が学べることはなんだろう?」

「自分にどんなメリットがあるんだろう?」

と思われるので、魅力的に見えないのです。

 

大概の読者は自分にとってメリットがある文章なんて読みません!

なので、読者のことを理解しなくてはいけないのです!

 

 

小手先のテクニックばかり勉強してしまう…

 

”コピーライティング”と聴くとこんな風に思われる人がいます。

 

  • 「コピーライティングって、要は商品を買わせる文章でしょ?」
  • 「インパクト重視した、言葉とかを考えるんでしょ?」

 

まあ間違ってはいないかもしれませんが(私も当初はこう思っていましたし 笑)本質はちょっと違います。

 

コピーライティングの本質にあるのは「人の心理を使って行動させること」です。

 

商品を買ってもらう文章を書くにしても、読者の心理を理解しているから行動してくれるのです。

そのためには”読者の気持ち”を理解しなくてはいけないので、小手先だけのコピーライティング技術だけを学んでも意味がないのです。

 

 

 

 

・・・・とまぁ、この2つが原因でコピーライティングを勉強してもうまく書けないことが多いです。

 

要は、コピーライライティングをうまく扱えない理由は、読者の”何を欲しがっているのか?(欲求)”を考えていないのが最大の原因で、

コピーライティングというテクニックは読者の、欲しい、知りたい、などの欲求を刺激する技術でしかないのです。

 

当然その欲求の内容も、人によって違うのでテクニックを学んでも意味がないのですね。

 

ではこれから本題の”コピーライティングをうまく使うためのコツ”を教えます。

 

 

コピーライティングをうまく使うためのコツ3選

 

コピーライティングをうまく使うためには、先ほども言ったようにテクニック使う前に読者の心理の理解が必要になります。

 

読者の欲しがるものを調べて、コピーライティングのテクニックを使うと上手な文章が書けます。

そのためのコツは3つです。

 

 

コツその1:リサーチ

 

 

まず最初にやることはリサーチです。

1番最初にやるべきことで、1番大事なことです。

 

  • その商品の効果はどんなものなのか?
  • どんな人がその商品を欲しがるのか?

 

ここをしっかり調べてください。

 

例えばこの文章を読んでいるあなたは、「コピーライティングを使えるようになるためのコツを知りたい!」

と思って読んでいるはずです。

 

逆に「Ko-heiのドラム講座」なんてことは全く興味がないと思います。

 

要は、読者の心の内を理解していないと「何を伝えたら、どんな反応をするのか?」なんて全然わからないはずです。

 

 

このリサーチについてはもっと詳しいことをまた別の記事で書きます。

 

 

コツその2:ターゲットを設定する。

「リサーチ」の部分と同じような内容になりますが、「自分は誰のために文章を書いているのか?」を明確にすることです。

 

上に書いた失敗例の1つに”ターゲットを設定しないとよくわからないブログになってしまう”と書いたように、読んで欲しい人を自分で想像する(ペルソナ設定といいます)とその人に向けた文章を丁寧に書けるようになって記事の品質が10倍ぐらい上がります。

 

 

例えば、私はセールスコピーライティングの基礎を学ぶなら、まずはこの本から! の記事をコピーライティングを駆使して書いており、ペルソナの設定は以下のようにしています。

 

  • コピーライティングを始めたいと思っている。
  • コピーライテイングの情報をいろいろネットで探している。
  • あまり資金面に余裕がない。

 

これでも大まかな設定ですが、ターゲットにしたい人を具体的に想像すればするほど、その人のことを具体的に想像できるようになり、質のいいコンテンツを作成できるようになります。

 

もし紹介したい商品が、化粧品やサプリメント、生活用品ならターゲットの性別や年齢、生活上の悩みも具体的に想像します。

 

このターゲット設定はできるだけ具体的に設定してください。

 

 

 

コツその3:読者にメリットをちゃんと教える(通称、ベネフィットライティング)

文章を書くときに、自分の感想ばかりを書くのではなく「この商品を買ったら、あなたにはこんないいことがありますよ。」みたいな、読者にメリットを伝えることも文章力アップのコツの1つです。

 

この相手にメリットを伝える文章の書き方を”ベネフィットライティング”といいます。

 

この説明だけでは意味がわからないと思いますので、例文をあげてみました。

 

A:私はコピーライティングの情報をブログに書いています。

 

B:私はあなたに個人事業主として稼いでいけるように、コピーライティングの情報をブログに書いています。

 

 

AとB、2つの文章を書きましたが、Aはブログの説明みたいな文章で、Bは読者にメリットを伝える文章になっていると思いませんか?

 

Bの文章は読者に向けた文章になっているので、自然と目を引くことができるのです。

 

コピーライティングで文章を引きつけるにはしっかり、読者に対して「あなたにはこんなメリットがあります!」をしっかり伝えましょう!

 

 

 

 

まとめ ターゲットのことを考えて文章を書くのがコツ!

「どんな人に文章を書くのか?」しっかり決めておこう!

 

 

ここまで、コピーライティングをうまく使うコツを書いてきましたが、コツをまとめるとこうです↓

コピーライティングをうまく使うための3ステップ

 

  1. 商品の内容とそれを欲しがる読者のリサーチ
  2. ターゲットにしたい人を詳しく設定(ペルソナ設定)
  3. しっかりベネフィットを伝える。

 

コピーライティングをうまく使う人はこの3つをちゃんと踏まえています。

 

要約すると、ターゲットの心情をしっかり理解しましょう!

ということです。

 

どんなコピーライティングのテクニックを使うにしても、まずはこのターゲットの心理を理解してから、書いてみましょう。

そうすれば、あなたのコピーライティング能力は驚くべきほどに上達しますよ!

 

Ko-hei

 

 

セールスコピーライターの始め方をまとめました!

もしあなたがセールスコピーライターを興味を持ったのなら、

 

【初心者向け】未経験からセールスコピーライター になるための始め方

 

 

という記事で超具体的にセールスコピーライターの始め方をまとめましたので、ご覧ください。

 

 

私がうつ病でも稼いでいけた仕事。その方法を教えているメール講座をやっています!

 

こんにちは、Ko-heiです!

 

私はセールスコピーライターはうつ病で苦しんでいても、人並み以上に稼いでいける仕事であると思っています。

 

もしあなたが、

 

  • うつ病になって会社勤務が難しい・・・
  • 今はブラック企業に勤めていて、このままじゃうつ病になるかもしれない!
  • 就職、復職に悩みがある。

 

と考えているなら、セールスコピーライターの仕事を紹介したいです!

 

そして、セールスコピーライターとして稼いでいける方法を、メール講座で配信しています。

 

セールスコピーライターに必要なスキル、すなわちコピーライティングの習得方法や、ネットでの稼ぎ方を提供しているので、

もし少しでも興味があるなら、是非登録してみてください!

 

なお、このメール講座自体は無料です!

 

『うつ病ライターKo-heiが教えるメール講座(略してうつKo-座)』

 

<

お名前  
メールアドレス

※講座は不定期更新です。

 

あなたのご登録をお待ちしています!

 

Ko-hei

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

検索
このサイトの管理人

Ko-hei

バンドマンを目指していたが、うつ病になってしまった。楽器はドラムを担当。

しかし、うつにめげずにセールスコピーライターとして、いくつもの案件に取り組んで成果を出している。

友人からは「いつも疲れてる顔をしてるね。」なんて言われがちだが、そんなことはない。

コピーライターとしての傍ら、セールスライティングをバンド活動に活かせないかと考えてもいる。

実績の1つとしては、記事数20記事以下の状態でも検索順位TOP10内に表示できている。

 

詳しいプロフィールはこちら

Twitterやってます→@doramurata

登場人物

ハツ

人見知りが激しい就活浪人生。

人前で話すことが得意ではないので、人間関係にも苦労しており、最近少しウツ気味。

「せっかくだから、時間に余裕のある働き方をしたい!」と思っている中、セールスコピーライターという職業を知った。

ページの先頭へ