【効果絶大!】コピーライティングの写経の重要性と方法をしっかり解説。

目安時間:約 18分

写経ってやらなくても大丈夫?

それともやるべき?

 

 

 

こんにちは、Ko-heiです。

 

よく「コピーライティングのスキルを上達させたいなら、写経(しゃきょう)をするべし!」

という声をよく聞きます。

 

 

 

写経とは「文章をそのまま自分で書き写す」ことです。

(元々は仏教用語で『経典を書き写す』という意味らしいですね)。

 

 

 

 

 

私もセールスコピーライターを始めたばっかりの時は写経をそれなりにやっていましたが、セールスコピーライターたちの間で、たまーに「セールスコピーライターの写経は必要なのか?」議論になりこともあります。

 

 

 

今回は

  • セールスコピーライターにとっての書経は必要なのか?
  • 写経するならどんな文章を写経するべきか?
  • 写経するときのコツは何か?

 

 

しっかり語っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

セールスコピーライターに写経は必要なのか?

まず、結論を言うと私は写経は少なからず必要と考えています。

 

 

 

セールスコピーライターは商品を売るための文章を書くのが仕事なので、「商品を売るための文章とはどうゆうものか?」をわかっていないといけません。

 

 

 

 

 

私みたいに、ブログの文章すらロクに書いたことがない状態からセールスコピーライターを始める場合、売れる文章の参考を知らなくては、どうにもならないはずです。

 

 

 

「読んでるだけで、売れる文章の構成や言葉がわかる!」

なら問題ありませんが、そんな人は多分いません。

 

だから、私は写経を必要と考えています。

 

 

 

しかし、写経とは文章の書写しなので時間はかかりますし、正しいやり方をしないと効果は出ません。

今から効率的な写経の方法とはなんなのか説明しますね。

 

 

 

 

写経をするときの注意点

 

 

まず、写経するとき注意点があります。

 

 

 

あなたが写経をするなら、コピーライティングを少し勉強をしてから写経を行ってください。

 

 

コピーライティングとはで元をたどればマーケティング知識の1つなので、商品を売りたいときに有効な言葉とかがあるんですよね。

 

例えば、私のこのサイトではセールスコピーライターの用語説明で、コピーライティングの3つのNOTという記事があります。

手前味噌で恐縮ですが、私のこの記事でも冒頭にアイキャッチ画像や「上達しないよ?」なんて少し煽り気味な言葉を入れて3つのNOTの1つである、読まない障害を取り除くように書いています。

 

 

 

しかし、あなたがコピーライティングの知識が全くなければ、「読まない障害って何? どうすれば取り除けるの?」と思ってしまうでしょう。

人間は意味がわからない文章読んでもそのままスルーする生き物です。

 

写経とは、『書き写しながら意味や理屈を理解していき、自分のスキルにしていく』方法。

 

 

要はいくら写経しても「どこにどんなコピーライティングのテクニック使っているのわからない」なら写経しても全く効果がないのです。

 

 

 

じゃあ、「どのくらい勉強すればいいんだ?」というと、とりあえず本を最低1冊か2冊ぐらいは読んでおきましょう。

私がオススメするのは、コピーライティングの知識の本である『現代広告の心理技術101』と、社会心理学の本である『影響力の武器』の2つです。

 

 

『現代広告の心理技術101』はコピーライティングを勉強するときに最初に読んで欲しい本です。

 

コピーライティングを駆使しながら、テクニックを紹介しているので読んでるだけでもおもしろく、写経の練習にも使えます。

 

『影響力の武器』ビジネス心理学の本ですが、商品を売るときに活用できる心理を中心に解説しているので、マーケティングの知識を得る意味でもすごく勉強になります。

 

 

ちなみに、文章を書くこと自体がすごく苦手で国語もダメって人は『文章力の基本』も読んでおいてください。

これはコピーライティングの本ではなく単純に文章の書き方を教えているいわば国語の本ですが、コピーライティングは商品を買いたくなるような文章を書く高等技術です。

 

国語ができないのないのにコピーライティングを習得するのは不可能なので、これも読んでおきましょう。

 

 

 

 

 

※『現代広告の心理技術101』は通販サイト”ダイレクト出版社”でしか販売しておりません。

一応、アマゾンや楽天でも見かけますが、ダイレクト出版社で買ったほうが安いです。

たまにキャンペーンで30%OFFで買えますし。

現代広告の心理技術101

 

 

とりあえず、写経をする前このぐらいは読んでおきましょう。

 

 

 

写経のメリットとデメリットとは?

念のために写経のメリットとデメリットを教えておきます。

メリットをわかっていればやる気と上達の速度に影響しますし、デメリットもわかっていないと写経やってもスキルアップの効率が悪くなります。

 

 

 

 

メリット:コピーライティングの文章の型が把握しやすい

 

写経のメリットは当然ですが文章の型を覚えられることです。

というか、写経をする理由そのものですね。

 

 

セールスコピーライターの勉強うんぬんの前にそもそも単純に文章を書くのが苦手だと、売れる文章の型なんてわかるわけありません。

ですが、写経するだけでもある程度の売れる文章の型は見えてきます。

 

 

写経を時の注意点でも書いたようにある程度のコピーライティングの知識があれば、テクニックの使い方もおのずと見えてくるでしょう。

しかし、デメリットをわかっていないとこのメリットが活かせなくなります。

 

 

 

 

 

 

デメリット:面倒臭い上に、量をこなすだけでは意味がない。

 

 

やること自体は非常に地味でシンプルなので、とっても面倒臭いです。

文章をひたすら書き写す作業なので、頭も疲れる。

 

かといって、ただなんとなく漠然と写経してもスキルアップはしません。

 

スポーツも勉強もそうですが、何も考えずに量をこなしても時間を無駄にするだけです。

「がむしゃらに文章を書いていく」のはオススメできません。

 

 

 

 

 

写経のポイント

 

 

 

写経する上でも注意点にも記載してしましたが、紹介した本を読んで、ある程度のコピーライティングの知識を理解してから写経を行います。

 

 

ただ写経をするのではなく、コピーライティングの知識がどこに使われているのかを把握して、書き手の心理をできるだけ理解して行きながら写経していきましょう。

気づいたところををメモするのもいいですよ。

 

 

 

また音読するのも有効です。

書いて終わりではなく音読するだけでも脳が活性化するので、スキルアップの効果が単純に上がります。

 

誤字脱字のチェックもできるので、写経だけではなく普通にブログを書くときでも音読はやっておいたほうがいいです。

 

 

 

1番のオススメはメルマガを写経すること。

 

では、写経に使う文章は何が良いでしょうか?

 

これは人によって様々な意見がありますが、私はメルマガをオススメします。

 

 

ブログやセールスレターでは文字や画像の装飾の工夫して商品の売り込みをかなり強気で表現していますが、メルマガできるだけ「売り込み臭さ」を消して文章のみです。

 

 

メルマガで商品を買ってもらうには、「読んでて楽しくなるような文章力」だったり、「文字だけでわかりやすく説明できる文章力」が必要なので、コピーライティングの勉強にはうってつけですね。

 

 

オススメの写経用メルマガの媒体は、

 

久保通信

読んでて普通に”おもしろい”と思ったメルマガ。

 

ゼロから5億の不労所得を作った男

「おもしろい」というよりは「わかりやすい」に比重をおいているメルマガ。

 

うつko-座

私が運営しているメルマガ、思いっきり広告です(笑)。

 

 

もちろんブログやセールスレターも有効ですが、画像や装飾も多く写経自体が少しやりにくいです。

しかし、メルマガは文章しかないので、単純に文章を書き写すのに適しています。

 

 

写経よりも大事な事

コピーライティングに限ったことではありませんが、スキルの向上をしていくにはインプットとアウトプットを継続していくこと。

 

 

インプット=知識の吸収

アウトプット=学んだ知識の吐き出し、実践

 

 

どちらも大事なことですが、スキルアップでより重要になるのはアウトプットです。

 

 

知識を学ぶだけではいわゆる「ノウハウコレクター」と呼ばれて知識だけ知ってて実践的なことができない人になってしまいます。

コピーライティングもアウトプットをしっかりやっていけなければ、上達していきません。

 

 

今回は話している写経は、インプットになります。

 

 

写経とは、結局のところ「上手に書かれている文章のポイントを書き写している」だけなので、自分でコピーライティングを使った文章を作らないと、本当の意味でスキルアップはできません。

 

 

 

野球で例えるなら、インプットはバットの素振りやキャッチボール。

アウトプットは、実際に試合をすること。

こんなイメージです。

 

 

 

 

コピーライティングの勉強の一環として写経をするのは、もちろん大事ですが、本当の意味でスキルアップを目指すなら、アウトプットをしっかりやってください。

 

 

 

コピーライティングのアウトプットの方法で一般的なのは、

 

  • 自分でブログを書く。
  • クラウドソーシングサイトで仕事を受ける。
  • 他の人のブログのアドバイスや代筆。

 

 

などがあります。

 

詳しいやり方は、【うつ病でもできた】初心者からセールスコピーライターの始め方にまとめてあるのでご覧ください。

 

 

 

まとめ

今回は写経の必要性とポイントについてまとめました。

 

 

簡単にいうと、

 

1、写経をする前にある程度でいいのでコピーライティングや文章を使ったマーケティングを学んでおく。

 

2、写経をやるならメルマガがオススメ。

  セールスレターでも構わないが、メルマガならユニークで売り込み臭さ出ない文章を書くときの参考になる。

 

 

3、コピーライティングのスキルアップをするには写経だけではダメ。

  ブログの記事の執筆やクラウドソーシングサイトで仕事の受注などを実践的なことをして文章を創作していくのが最も大事。

 

 

ですね。

 

 

Ko-hei

 

 

セールスコピーライターの始め方をまとめました!

もしあなたがセールスコピーライターを興味を持ったのなら、

 

【うつ病でもできた】初心者からセールスコピーライターの始め方

 

 

という記事で超具体的にセールスコピーライターの始め方をまとめましたので、ご覧ください。

 

 

私がうつ病でもできた仕事。セールスコピーライターの始め方を教えているメール講座をやっています!

 

こんにちは、Ko-heiです!

 

私はセールスコピーライターはうつ病で苦しんでいても、人並み以上に稼いでいける仕事であると思っています。

 

もしあなたが、

 

  • セールスコピーライターに興味がある
  • うつ病になって会社勤務が難しい・・・
  • 今はブラック企業に勤めていて、仕事を辞めたい!
  • 就職、復職に悩みがある。

 

などなど、考えているなら、セールスコピーライターの仕事を紹介したいです!

 

そして、セールスコピーライターとして稼いでいける方法を、メール講座で配信しています。

 

セールスコピーライターに必要なスキル、すなわちコピーライティングの習得方法や、ネットでの稼ぎ方を提供しているので、

もし少しでも興味があるなら、是非登録してみてください!

 

なお、このメール講座自体は無料です!

 

『うつ病ライターKo-heiが教えるメール講座(略してうつKo-座)』

 

<

お名前  
メールアドレス

※講座は不定期更新です。

 

あなたのご登録をお待ちしています!

 

Ko-hei


『いい記事だ!』と思ったならここをクリックしてくださいね!

(1度戻ったら、直ぐにブラウザバックでOK!)


この記事に関連する記事一覧

コメントは6件です

  1. Taym より:

    こんにちは。
    コピーライティングって良いんですね。
    参考になります。

    • Ko-hei Ko-hei より:

      Taymさんへ。

      コメントありがとうございます、Ko-heiです。

      ビジネスだけではなく、日常生活にも使えるシロモノなので、勉強して損はないです。
      これからもよろしくお願いします。

  2. YUKI より:

    こんばんは。
    ランキングから来ました、YUKIです。
    習い事でもビジネスの場でも
    型をしっかり身につけることが大事なのですね!

    • Ko-hei Ko-hei より:

      YUKIさんへ。

      コメントありがとうございます。Ko-heiです。

      そうですね、型とは言わば基礎なのでここを疎かにすると上達できません。
      型に囚われ過ぎて応用できないのもダメですが、やっぱり応用とは基礎ができてなんぼですから。

  3. さちりん より:

    こんにちは
    ブログランキングからの訪問です。
    コピーライティングの勉強をしてみます。
    ありがとうございました。

    • Ko-hei Ko-hei より:

      さちりんさんへ、
      コメントありがとうございます。

      コピーライティングはビジネスだけではなく、
      日常生活の会話にも有効活用できるので、
      是非とも学んでみてくださいね。

      私も説明上手になりましたし(笑)

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

検索
このサイトの管理人

Ko-hei

バンドマンを目指していたが、うつ病になってしまった。楽器はドラムを担当。

しかし、うつにめげずにセールスコピーライターとして、いくつもの案件に取り組んで成果を出している。

友人からは「いつも疲れてる顔をしてるね。」なんて言われがちだが、そんなことはない。

コピーライターとしての傍ら、セールスライティングをバンド活動に活かせないかと考えてもいる。

実績の1つとしては、記事数20記事以下の状態でも検索順位TOP10内に表示できている。

 

詳しいプロフィールはこちら

登場人物

ハツ

人見知りが激しい就活浪人生。

人前で話すことが得意ではないので、人間関係にも苦労しており、最近少しウツ気味。

「せっかくだから、時間に余裕のある働き方をしたい!」と思っている中、セールスコピーライターという職業を知った。

ページの先頭へ