Unlimited Affiliate NEO を試したら、ちゃんと検索上位表示できた話をします!

目安時間:約 27分

 

『Unlimited Affiliate NEO』を試して本当に効果あるか実践してみた!

 

 

 

 

こんにちは、Ko-heiです。

 

今回はセールスコピーライターの話ではなく、アフィリエイト商材の実践結果の話をします。

 

私はセールスコピーライターを始める際はブログから始めると良いという話を【うつ病でもできた!】初心者からでもできるセールスコピーライターの始め方でしているのですが、ブログで稼ぐにはアフィリエイトとウェブマーケティングの知識が必要不可欠です。

 

その知識を学ぶために、「Unlimited Affiliate NEO」というアフィリエイト情報商材をオススメしているのですが、値段もそれなりにするし情報商材って買うことに抵抗がありがちです。

 

  • 「情報商材なんて怪しすぎる!」
  • 「本当に結果出るの?」
  • 「商品を買って損するのは嫌!」

 

 

こんな考えが頭によぎってしまう気持ちはすごく良くわかります。

 

ですが私は「Unlimited Affiliate NEO」でちゃんと結果が出せたので、このことをしっかり説明します。

 

 

今回お話しする商品はこれのことです↓

 

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

 

 

まずは最初に証拠画像!

 

とりあえず、まずは結果が出せた証拠画像を2つここに乗せます。(※どちらもこの記事の執筆時点の結果です)

Google Chromeのシークレットウィンドウで「セールスコピーライター 稼げない」で検索するとこのように表示されます。

セールスコピーライター は稼げないって? それは条件次第だ!という記事が3位に表示されています。

 

 

 

また「セールスコピーライター  仕事の取り方」で検索した場合はこの結果になっています。

【これを知らなきゃ稼げません!】セールスコピーライターの仕事の取り方。の記事は5位ですね。

 

どちらも1ページ目に表示されているますし、この時のサイトの記事数は20記事にも満たしていない状態だったので、良い成果が出ているんじゃないかと思います。

 

では、私は「どうして結果を出せたのか?」失敗談と成功談を両方話して説明しますね。

 

 

 

 

まあ、最初から上手くはいきませんでした・・・。

 

私は元々ブログなんて書いたことすらない状態からこの仕事を始めたので、最初から良い結果が出たわけではありません。

 

以前に私は『検索上位を狙うために、役に立つ記事の書き方3つのコツ!』という記事を作成しました。

 

 

 

こんな感じに書いていたのですが、”検索上位表示”とか言っておきながら、検索結果は思いっきり圏外でした。(泣)

なので、現在記事を非公開にしています。

内容も今回書くことと結構かぶっていますからね。

 

 

『検索上位を狙うために、役に立つ記事の書き方3つのコツ!』の記事を書いたときは、リサーチもロクにしておらず、本で勉強したことをただアウトプットしただけなので良い結果なんて出るわけがなかったんですよね。(笑)

 

 

 

では、上の証拠画像のように私が検索上位表示ができるようになったときに、何をしたのかを今から詳しく書いていきます。

 

 

 

 

検索上位表示できるようになった記事の書き方手順を公開!

 

この検索上位表示の記事の書き方自体はアフィリエイト教材である「Unlimited Affiliate NEO」にも書かれています。

※Unlimited Affiliate NEOがどんな教材なのかはお金稼ぎの必須スキル! ウェブマーケティングを学ぶならこれ!という記事をご覧ください。

 

ですが今回は教材に書かれていることに加えて、私の実体験を織り交ぜながらフローチャート形式で詳しく説明していきます。

 

私も以下の”5つのSTEP”で検索上位表示ができるようになりました。

 

 

 

STEP1 どんな悩みを持った読者に向けて文章を書くか?

 

まずは何を書くにしても、どんな悩みを持った読者に読んでほしいかを考えなければいけません。

いわばテーマ設定ですね。

 

例えばセールスコピーライター は稼げないって? それは条件次第だ!の記事は、

「セールスコピーライターって稼げないんじゃないの〜?」

と考えている人向けて記事を書いていますし、【これを知らなきゃ稼げません!】セールスコピーライターの仕事の取り方。の記事は、

「セールスコピーライターの仕事の取り方を知りたい!」

という人に向けて記事を考えています。

 

どんな記事を書くにしても一番最初にやることは、読者の悩み(Q:クエスチョン)を考えて答えてあげる(A:アンサー)内容にすることです。

 

ある程度このテーマが決まったら次に進みます。

 

 

 

 

STEP2 リサーチを徹底的にやる!(5段階に分けて)

一番大事なのは、このリサーチです!

 

次にすることはリサーチをすることです。

 

STEP1で思いついた読者はどんなことを知りたいのか徹底的に調べる作業ですね。

 

記事を書くときに一番時間をかけてほしいのがこのSTEP2です。

先ほど話した、『検索上位を狙うために、役に立つ記事の書き方3つのコツ!』の記事で大失敗したのが、このリサーチを怠ったことだと思います。

 

 

 

このリサーチは以下の手順でやりました。

 

 

その1 キーワードを決める。

 

まずは記事を書く際のキーワードを決めます。

ここでいうキーワードとは『どんな検索ワードで上位表示をするのか?』を決めることです。

 

上の証拠画像にある通りセールスコピーライター は稼げないって? それは条件次第だ!の記事は検索ワード『セールスコピーライター  稼げない』で表示できるように記事を書いています。

 

読者はどんなワードで検索してくるかを想像することですね。

 

「セールスコピーライターの始め方を知りたい人ってどんな悩みを持っていのかな?」

「仕事を始める時の不安ってなにがあるだろう?」

 

まずは大まかでいいので、ある程度キーワードの想像できたら次へ。

 

 

 

その2 関連キーワード取得ツールを使う。

 

関連キーワード取得ツールとはサジェストキーワードをあぶり出してくれるツールです。

サジェストキーワードとは検索欄にキーワードを入れたときに表示される「候補キーワード」のこと。

 

ツールの検索欄に”セールスコピーライター ”と検索してみるとこんな結果が出ます。

画像を見てわかる通り”セールスコピーライター ”と検索している人は「他にどんなキーワードで検索しているか」を表示してくれます。

 

次はここで表示された検索キーワードがどれぐらい需要があるのか調べます。

 

 

 

その3 キーワードプランナーで検索ボリュームを調べる

 

次は狙っているキーワードがどれぐらいの需要があるのかを調べます。

先ほどの関連キーワード取得ツールにある『全キーワードリスト』の欄に出てきたリストを全てコピペしてください。

(画像でいうとここです↓)

 

次にコピペしたキーワードをキーワードプランナーの『検索ボリュームと傾向を取得』の部分に貼り付けます。

 

 

 

貼り付けたら、『検索ボリュームを取得』をクリック。

するとこんな画面が出てきます。

 

先ほど貼り付けた大量のキーワードリストの大まかな検索ボリュームと競合性がわかります。

月間検索ボリュームとは、そのキーワードの1ヶ月の検索数のこと。

競合性はそのキーワードで広告を出している業者の競合性です。

 

ここで決めるキーワードは、

競合性:低

月間検索ボリューム:10以上〜1000以下

 

私が実際に狙ったキーワードの『セールスコピーライター  稼げない』は検索ボリューム:100〜1000、競合性:低、ですね。

 

月間検索ボリュームが多いということは、稼いでいるブロガーやアフィリエイターもそれを承知で狙って記事を書いている傾向があるのでライバルも多いです。

競合性も高いとお金を払って広告を出している業者が多く、収益性も高いことをわかっているのでこちらもライバルがたくさんいます。

 

もちろん、競合性高く検索ボリュームが多いからといって「検索上位表示できない」というわけではありません。

あくまでも目安です。

 

相当頑張れば、検索ボリュームが多かろうが競合性が高かろうが上位表示できます。

でも初心者のうちや稼いでいないうちは低めを狙ったのがいいんじゃないかと思います。

 

ちなみにスクショには載ってありませんが、検索ボリュームの数字が表示されないキーワードもあります。

数字が表示されないということは、『検索している人が全然いない!』という意味なのでこのキーワードは流石に狙いません。

 

 

次に表示されたキーワード候補を実際に検索して見ます。

 

 

 

 

その4 キーワードをそれぞれ検索して、クリックして覗いてみる。

 

キーワードプランナーに表示されたキーワードを1個ずつ検索します。

1ページ目に出てきたサイトが「運営者はどんな人なのか?」を少し調べます。

 

ここでは試しに、

検索ボリューム:10〜100

競合性:高

の「セールスコピーライター 求人」で検索してみると、こんな感じの検索結果が出ました。

 

1ページ目はやはり求人サイトがほとんどですね。

 

もしこんな風に検索してみて出てきたページのサイトの運営者が個人運営ではなく、会社レベルばかりだったらそのキーワードはやめた方がいいと思います。(初心者うちは特に)

 

 

私もブログを始めた当初から「会社運営の記事より検索順位が上がるように頑張る!」と意気込んで記事を書いたことがありますが、全然ダメでしたね。(笑)

 

 

 

Googleは『そのサイトの権威性』もSEOの評価基準にしているので企業は有利なんです。

しかし、上の表を見ての通り個人レベルでも質の高い記事を書けば会社運営の記事にも勝つことができます。

 

また個人運営サイトページが多い検索結果が出てきてもページを覗いてみて、

 

  • 記事の作り込みが凄い
  • とってもわかりやすく説明されている記事
  • 運営者がとんでもなく稼いでいる人っぽい

 

こんなサイトが多かったらそれも狙うのは避けています。

 

こんな感じでキーワードプランナー に出てきたリストを1個ずつ検索していって、

「お? このキーワードなら個人運営のサイトばっかり出てくるからいけそう。」

な物を探していくのがいいかなと思います。

 

実際に私は『セールスコピーライター  稼げない』で検索した時は、個人サイトが多めの表示結果になったので、このキーワードで狙うことを決めました。

 

 

 

その5 表示されたページの内容チェック

 

検索結果に出てきたサイトをそれぞれクリックして、記事の内容をチェックします。

自分で決めたキーワードがどんな検索ユーザーのニーズに答えているのかを調べる作業です。

 

『セールスコピーライター 稼げない』だと大体ニーズは分かりきっているので、ここではあえて別のテーマで例え話をしますが、 『ドラム 練習』と検索している人はどんな人でしょうか?

 

  • ドラムの練習方法を知りたいのか?
  • ドラムの練習曲にオススメな曲を知りたいのか?
  • ドラムの練習できる場所を探しているのか?

 

正直よくわかりませんよね。

 

 

「STEP:1」の項目にも少し触れましたが、検索とは言ってしまえば、キーワード使った質問です。

 

「セールスコピーライターって稼げるのかなぁ?」と考えている人は『セールスコピーライター 稼げない』と検索するでしょうし、

「セールスコピーライターの仕事ってどうやって受注するの?」と考えているなら『セールスコピーライター  仕事の取り方』というキーワードで検索するでしょう。

 

そして検索して出てきたサイトがその質問の答えなのです。

そのため、実際に表示されたサイトを見てどんな内容が書いてあるのかを調べて検索している人の意図を考えます。

 

このサイトチェックですが、最低でも1ページ目に出てきたサイトは全てチェックしましょう。(できれば2ページ目も)

 

出てきたサイトチェックしてこんな感じにまとめてます↓

1位のサイト

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

 

2位のサイト

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

 

3位のサイト

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

 

以下略(10位のサイトまでチェックする)

こんな感じに10位までのサイトを見てみると、ユーザーの知りたい答えと、提供するべき内容がわかってきます。

 

ここまでが、私がやっている記事を書く際のリサーチで、一番苦労しています(笑)

 

リサーチが済んだら、次に進みます。

 

 

STEP3 共起語(きょうきご)を調べる。

 

 

共起語(きょうきご)とは、特定のキーワードに対して、同一ページ内で頻繁に使用される(と予想される) キーワードを意味します。

共起語検索ツールで狙うキーワードを入力して検索しましょう。

 

 

ツールで『セールスコピーライター  稼げない』と入力すると「コピー  ライター  セールス  ライティング  仕事  商品  ブログ  あなた  メール  文章  記事  条件  自分  講座  ビジネス  これ  それ  方法  収入  お金  」と出てきます。

 

このように、”ある特定のキーワード”で詳しく説明するのに必要になるのが『共起語』です。

 

STEP2のリサーチまではユーザーの視点で話をしていましたが、検索順位を決めているのはGoogleの検索エンジンロボットであり、人間が決めているのではありません。

 

Googleはこの共起語を含んでいる文章を『詳しく説明できている文章』として認識するので、SEOにとても重要な要素になっています。

 

どれくらい共起語を入れるべきなのかの明確な基準はありませんが、この共起語をできる限り含める文章を書きます。

 

 

 

 

STEP4 目次を先に決めて内容の構成を考える。

 

私の場合、目次を先に考えて言いたいことをまとめてから文章を書きます。

記事に書く内容の要点をまとめるという意味ですね。

実際にセールスコピーライター は稼げないって? それは条件次第だ!の記事にある目次は記事を書く前に決めたものです。

 

今回ここで書いている記事も目次をこんな感じで決めてから書いています↓

h3証拠画像

h3上手くいかなかった

(どんなことをしたのか)

 

h4リサーチをろくにしなかった

h4本で書いたことを書いただけ

 

 

h3上手くいった時の手順

(何をしたのか)

h4読者の想像

h4リサーチ

h5関連キーワード

h5取得ツール

h5キーワードプランナー

h5自分で検索、

h5ライバルサイトチェック

h4共記語検索

h4目次を先に設定

h4記事の執筆

 

h3まとめ

大事なこと要点まとめ

アンリミの内部リンク

 

 

もちろん記事を書いていく途中で、

「あ! ここ書き直そう。」

というの考えも出てくるので多少の変更はありますが、概ね違いはありません。

 

どのみち目次で要点をまとめておけば、記事を書くときにわざわざ構成とかで悩むことが無くなるんですよね。

 

 

 

 

STEP5 『PREP(プレップ)法』を使って記事を書き始める。

 

ここまでステップを踏んでからやっと記事を書き始めます。

そしてここはSEO的な話ではなく、ユーザーに対しての記事の書き方ですが、必ず”PREP(プレップ)法”を使って文章を書くことですね。

 

PREP法については別の記事で詳しく書きますが、PREP法とは文章の構成の1つで、

 

P:結論

R:理由

E:具体例

P:結論

 

の順番で書くことです。

 

商品を売りたい文章のテンプレなら、PASONAの法則とかの方がいいですが、読者に伝えたいことをわかりやすく説明するならPREP法を使いましょう。

先ほどのリサーチの”その5”で言っていますが、「疑問を持ったユーザーに対する答え」をわかりやすく伝えられる文章が作れるので、ユーザーにとても親切なんですね。

 

そのためPREP法使った文章の書き方は必ず習得しましょう。

 

 

さて、ここまでやって考えてやって記事を書いて、結果が出るまでの間、別の記事をコツコツ更新していたら、いつの間にか検索で上位表示できていました!

 

それでは最後にまとめますね。

 

 

まとめ  「Unlimited Affiliate NEO」はちゃんと成果のでる教材だった!

私が検索上位表示させるために実際にやったことをまとめると

 

  • STEP1    どんな悩みを持った読者に向けて文章を書くか?
  • STEP2 リサーチを徹底的にやる!
  • STEP3 共起語(きょうきご)を調べる。
  • STEP4 目次を先に決めて内容の構成を考える。
  • STEP5 『PREP(プレップ)法』を使って記事を書き始める。

 

この5つです。

 

正直にいうと、STEP5以外の書いてあることは「Unlimited Affiliate NEO」に書いてあることを実践していただけです。

 

もちろん記事の書き方だけではなくて、SEOに強いブログのテンプレートテーマを使っていることも、この結果に繋がった原因ですが、そのブログのテンプレートのテーマも「Unlimited Affiliate NEO」を購入してついていきたモノを使っているだけです。

 

 

もし、あなたもセールスコピーライターを始めたくて、ブログを使った稼ぐ方法を知りたいなら、「Unlimited Affiliate NEO」を購入しましょう。

 

確かに安い買い物ではないし、情報商材というジャンルなので購入には少し躊躇してしまうかもしれませんが、しっかり成果の出る良い教材です。

詳しいことは、お金稼ぎの必須スキル! ウェブマーケティングを学ぶならこれ!をご覧ください。

 

なお、私のこの『うつライター』のサイトからクリックして買えば、私からのオリジナルの無料特典もプレゼントしますので、ぜひご購入してください(笑)

 

Unlimited Affiliate NEOは下のリンクからクリックすれば購入できます↓

 

●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」

Ko-hei

 

 

 

セールスコピーライターの始め方をまとめました!

もしあなたがセールスコピーライターを興味を持ったのなら、

 

【うつ病でもできた】初心者からセールスコピーライターの始め方

 

 

という記事で超具体的にセールスコピーライターの始め方をまとめましたので、ご覧ください。

 

 

私がうつ病でもできた仕事。セールスコピーライターの始め方を教えているメール講座をやっています!

 

こんにちは、Ko-heiです!

 

私はセールスコピーライターはうつ病で苦しんでいても、人並み以上に稼いでいける仕事であると思っています。

 

もしあなたが、

 

  • セールスコピーライターに興味がある
  • うつ病になって会社勤務が難しい・・・
  • 今はブラック企業に勤めていて、仕事を辞めたい!
  • 就職、復職に悩みがある。

 

などなど、考えているなら、セールスコピーライターの仕事を紹介したいです!

 

そして、セールスコピーライターとして稼いでいける方法を、メール講座で配信しています。

 

セールスコピーライターに必要なスキル、すなわちコピーライティングの習得方法や、ネットでの稼ぎ方を提供しているので、

もし少しでも興味があるなら、是非登録してみてください!

 

なお、このメール講座自体は無料です!

 

『うつ病ライターKo-heiが教えるメール講座(略してうつKo-座)』

 

<

お名前  
メールアドレス

※講座は不定期更新です。

 

あなたのご登録をお待ちしています!

 

Ko-hei


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

検索
このサイトの管理人

Ko-hei

バンドマンを目指していたが、うつ病になってしまった。楽器はドラムを担当。

しかし、うつにめげずにセールスコピーライターとして、いくつもの案件に取り組んで成果を出している。

友人からは「いつも疲れてる顔をしてるね。」なんて言われがちだが、そんなことはない。

コピーライターとしての傍ら、セールスライティングをバンド活動に活かせないかと考えてもいる。

詳しいプロフィールはこちら

登場人物

ハツ

人見知りが激しい就活浪人生。

人前で話すことが得意ではないので、人間関係にも苦労しており、最近少しウツ気味。

「せっかくだから、時間に余裕のある働き方をしたい!」と思っている中、セールスコピーライターという職業を知った。

ページの先頭へ