もう苦手にならない! アフィリエイト記事の文章の書き方のコツ3つ

目安時間:約 15分

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、Ko-heiです。

 

アフィリエイト初心者がよく悩むことの一つに、

『文章を書くのが苦手!』

というのが、あります。

 

この悩みはアフィリエイト初心者って、パソコンのタイピングに慣れていないことが多いので、誰もがぶち当たる壁でしょう。

特にメルマガアフィフィリエイトは、画像や文字の装飾が使えないので、文章オンリーでビジネスをしなければいけません。

 

 

 

 

苦手な理由は、単純に「タイピングスピードが遅い」というのもありますが、

それ以外にも、

「ネタがない!」

「どうやって書き出していいかわからない!」

なんて理由もあります。

 

 

 

 

今回は、『アフィリエイト記事の文章に苦手意識を持っている人』は、どうすればいいのかを教えます。

 

 

 

文章作成の苦手意識を無くす方法は主に3つ。

講座やセミナーを受けるのも良いですが、よほどお金がない限りは無料で済ませたいはずです。

 

私もお金がある状態から始めたわけではないので、有料講座みたいなのはあまり受けていません。(笑)

そこで私が主に実践してきた方法は3つです。

 

 

  1. 他の人のブログやメルマガを見る。
  2. セールスコピーライティングを学ぶ。
  3. 量をこなす。

 

アフィリエイトで本当に稼ぎたいなら、どれも大事なことなので、しっかり見てくださいね。

ではそれぞれ説明していきます。

 

 

 

1、他の人のブログやメルマガを見る。

 

 

『百聞は一見に如かず!』

というわけで、いろんな人のブログを見ましょう。

 

他の人のブログを見て、

「この人どんな構成で文章を書いているのかな?」

と参考にします。

 

 

 

 

初心者は自分の文章力を上げるためにも、他のブログを見ることは何よりも経験値アップに繋がります。

特に自分と同じ商材を扱う場合は、リサーチの意味合いも兼ねるのでとても有効です。

 

  • この人の紹介ページわかりやすくて参考になる!
  • 自分だったら、もっとわかりやすく書けそう!

 

こんな感じに、他の人の記事を見て自分なりにまとめて見ましょう。

そうすれば、文章ネタの引き出しがどんどん増えていきます。

 

 

 

 

 

 

他の人のメルマガを見るのも大事です。

ブログ記事のテクニックとメールで使うテクニックはそれぞれ違うところもあります。

登録するメルマガは無料のものでも十分ですので、見ておくととても勉強になります。

 

「うーん、文章はどう書き出していこうか?」

と悩むなら、他の人のブログやメルマガを見てしまいしょう!

 

 

 

 

 

 

 

2、セールスライティングを勉強する。

単純に文章術の勉強不足というのが挙げられます。

 

 

 

営業マンは営業トークが武器ですが、アフィリエイターは文章が武器です。

だから、商品を売るための文章術である「セールスコピーライティング」を勉強するのがとても大事です。

 

 

 

 

あなたは『売れる文章術』というのはどうゆうものかご存知でしょうか?

 

 

 

 

 

これって学校で習うことではないので、知らない人の方が多いのです。

世の中には”この売るための文章を書いて生業”にしている人もいます。

 

セールスコピーライティングって何? という人はこちらの記事へ↓

セールスコピーライター とは? 年収と仕事内容もしっかり説明!

 

実力のあるアフィリエイターさんほど、ちゃんとコピーライティングを勉強をしています。

 

 

 

私は初心者のうちほどセールスライティングの勉強をおススメしています。

ブログ初心者ほど文章書くのが下手なので、まずはここから克服するのが大事です。

 

私も文章が書くのがとても苦手でしたが、この”セールスコピーライテイング”を勉強してから、文章の上達スピードがとても早くなりました。

 

”商品売りやすい文章テクニック”ってどんなものがあるの? とっかかりを知りたいならこれがおすすめ↓

セールスコピーライティングを学ぶなら、まずはこの一冊!

 

 

 

 

3、文章を書いて量をこなす。

他の人のブログを見るだけ、ライティングを勉強するだけ、ではノウハウコレクターになるだけです。

 

(※”ノウハウコレクター”とは、ネットビジネス界で、情報を得るだけで満足してしまい、行動しない人のことを指します。)

 

 

しっかりと文章を書いて、量をこなしていきましょう。

 

 

 

 

ぶっちゃけ私も根性がないので(笑)、ある意味これが一番苦手なんですが、文章力も特訓をしなければ技術は上がりません。

 

 

自分のサイトのブログで文章を書くのもいいですが、私はセールスコピーライター としてクラウドソーシングサイトで文章を書いていました。

 

クラウドソーシングサイトとは?

 

かなりざっくり言えば、

インターネット上の不特定多数の人に仕事の依頼をしたり、自分に合った業務を受注できるサイトです。

仕事の依頼も受注も両方できます。

 

 

例えば私の場合、ザグーワークスというサイトで、

『500文字でこのミュージシャンのLIVEの魅力書いて!』

という依頼があったので、これを受けて仕事をしていました。

 

微々たるものですがお金もちゃんと発生しますよ。

他にもいろんなクラウドソーシングサイトがあります。

 

 

サイトによっては、良い例と悪い例を提示してくれるところもあるので、

結構勉強になりましたね。

 

 

最初のうちはどんなに下手くそな記事でも、書いていけばだんだんと上手くなるので、あまり落ち込む必要はないです。

量をこなせばこなすほど、タイピングも早くなりますからね。

 

 

 

 

私もセールスコピーライター を始めた当初に作成した記事を見ると、

『なんて下手くそな文章なんだ! 恥ずかしい/////////』

 

ってことを今でも思います。(笑)

 

 

 

 

『量をこなす』と聞くと、「めんどくさいなぁ」と思うのですが、アフィリエイトというのは記事数も収益に繋がる大事な要素の一つです。

 

 

 

もし、あなたがアフィリエイトを始めたばかりで記事作成が下手でも、量をこなした数は必ず資産になります。

今は誰も見てくれていないかもしれませんが、いずれアクセスが増えた際に読者のためになる記事になりますからね。

 

 

まとめ 実践が一番大事!

文章力の上達の一番の近道は、

 

 

  1. いろんな人のブログやメルマガを見る。
  2. セールスコピーライティングを学ぶ。
  3. 勉強しながら、量をこなしていく。

 

このやり方を続けていけば、苦手意識は早く取り払えるでしょう。

 

 

 

特に一番大事なのは、

 

 

3、勉強しながら量をこなしていく。

 

 

ですね。

 

 

しかし、量をこなすにしても、記事を作成するだけではなかなか上達しませんし、売上に繋がりにくいです。

上手になるための基礎知識というのが全くない状態で、特訓するのもなかなか大変ですからね。

 

 

SEO的にも、

「質のいい記事を書かなければ、検索順位を落とす。」

ということをグーグルさんは言っています。

 

 

 

なお、低品質なコンテンツがサイトの一部にしか存在しない場合でも、サイト全体の掲載順位に影響を与えることがあるということにご注意ください。

低品質なページを削除したり、内容の薄いページをまとめて役に立つコンテンツに改善したり、もしくは低品質なコンテンツを他のドメインに移動させたりすることが、最終的に良質なコンテンツの掲載順位を改善することにつながります。

 

引用元:Googleのウェブマスター向け公式ブログの良質なサイトを作るためのアドバイスより。

 

 

こんなことを聞いてしまうと、

 

自信のないうちは、記事作成しないほうがいいんじゃないの?

 

と思うかもしれませんが、正直あまり気にする必要はありません。

(私も自分に自信がないタイプなので、この気持ちは私にもすごくよくわかります。笑)

 

 

 

 

確かに予備知識なしで、

「自分の思うがままに記事を書きまくるんだ!」

と極端なことをしたら、なかなか結果は出ないかもしれません。

しかし、最初は下手でもいいので文章の作成を続けていき、いずれまた記事の書き直し(リライトっていいます)をすれば問題ありません。

 

 

 

 

それに先ほども言いましたが、ブログの記事の投稿数が増やすのもSEOに強くなる要素ですので損はないですよ!

 

Googleの検索順位の判断基準は、いろんな部分を相対的に見て、

”良質なコンテンツであるかどうか?”

で決まりますからね。

 

 

 

 

記事作成は気負いすぎても精神的に疲れるだけなので、肩の力を抜いて気長にやっていきましょう!

 

ではでは!

 

Ko-hei

 

 

 

セールスコピーライターなって、稼いでいくにはどうしたらいいのか?それを教えているメール講座をやっています!

 

こんにちは、Ko-heiです!

 

私はセールスコピーライターはうつ病で苦しんでいても、人並み以上に稼いでいける仕事であると思っています。

 

もしあなたが、

 

  • うつ病になって会社勤務が難しい・・・
  • 在宅ワーカーになって、なるべく人との接触を避けたい
  • 今はブラック企業に勤めていて、このままじゃうつ病になるかもしれない!
  • 就職、復職に悩みがある。

 

と考えているなら、セールスコピーライターの仕事を紹介したいです!

 

そして、セールスコピーライターとして稼いでいける方法を、無料のメール講座で配信しています。

 

セールスコピーライターに必要なスキル、すなわちコピーライティングの習得方法や、ネットでの稼ぎ方を提供しているので、

もし少しでも興味があるなら、是非登録してみてください!

 

『うつ病ライターKo-heiが教えるメール講座(略してうつKo-座)』

 

 

お名前  
メールアドレス

※講座は不定期更新です。

 

あなたのご登録をお待ちしています!

 

Ko-hei

 


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
検索
このサイトの管理人

Ko-hei

バンドマンを目指していたが、うつ病になってしまった。楽器はドラムを担当。

しかし、うつにめげずにセールスコピーライターとして、いくつもの案件に取り組んで成果を出している。

友人からは「いつも疲れてる顔をしてるね。」なんて言われがちだが、そんなことはない。

コピーライターとしての傍ら、セールスライティングをバンド活動に活かせないかと考えてもいる。

実績の1つとしては、記事数20記事以下の状態でも検索順位TOP10内に表示できている。

 

詳しいプロフィールはこちら

登場人物

ハツ

人見知りが激しい就活浪人生。

人前で話すことが得意ではないので、人間関係にも苦労しており、最近少しウツ気味。

「せっかくだから、時間に余裕のある働き方をしたい!」と思っている中、セールスコピーライターという職業を知った。

ページの先頭へ