アフィリエイト初心者が、ライティングを学ぶときに犯す3つのミス!

目安時間:約 14分

 

 

 

 

 

 

こんにちは、Ko-heiです。

 

今回はアフィリエイトにおけるライティングの注意点について、記事にします。

 

アフィリエイトで稼ぐににはライティングのスキルはとても大事。

読者が文章を読んで買いたくなるような記事を書かないと、収益化が難しいです。

 

そこで、大概のアフィリエイターは「コピーライティングを学ぼう!」と考えるのですが、初心者ほど陥りやすいことがあります。

 

今回は”コピーライティング勉強の前に知っておいてほしいこと”を書いていきますね。

 

(ちなみにコピーライティングとは、”売るための文章”というものです。

それを書いて仕事にしている人もいますよ。

詳しくはこちらの記事をご覧ください↓

セールスコピーライター とは? 年収と仕事内容もしっかり説明!

 

わかりやすい文章を書くに必要なのは、コピーライティングの知識ではない!

コピーライティングとは、文章術を応用して人の心を動かす、高等スキルです。

効果も絶大なので、アフィリエイト初心者でも頑張って勉強しようとするのですが、初心者ほど陥りやすい穴があります。

 

それは

 

わかりやすい文章を書くための”基礎”はわかってるの?

 

ということ。

 

 

基礎を知らずに応用だけを学んでも読者の目を引く文章にはなりません。

基礎ができているから応用が効くのです。

キャッチボールができないのにカーブを投げようとするもんです。(笑)

 

 

 

読者に分かりやすく情報を伝えるのに必要なのは、コピーライティングというスキルではありません。

文章の基礎とも言える国語の知識が必要です。

 

 

 

 

よくブログで稼ぐには、

「読者に正確な情報を伝えるために、わかりやすい文章を書け!」

と言っていますが、私がセールスコピーライター の勉強を始めた当初は、

「わかりやすい文章ってどう書けばいいの!?」

と悩んだことがあります。

 

『わかりやすい文章を書け』と言われてもなんだか抽象的ですよね(笑)

 

 

今回は、読者が「わかりやすい記事だな」と思ってくれるようなブログのライティングテクニックを少しだけお伝えします。

 

すぐにでも改善できる、分かりやすいブログのライティング方法3つ

 

読者に、

 

この記事分かりやすいなあ!

 

と思わせるには、いろいろなテクニックや方法がありますが、すごくたくさんあります。

 

挙げだしたらキリがないので、『すぐに改善できそうな』方法を3つ抜粋しました。

 

  1. 主語と述語の位置関係をはっきりさせる。
  2. 専門用語をあまり使わない。
  3. 「それ」「これ」等の指示代名詞を多用しない。

 

 

ここを押さえるだけでも読者に情報を伝えやすいブログの記事になります。

それぞれ説明していきますね。

 

 

主語と述語の位置関係をはっきりさせる。

 

基本中の基本かもしれませんが、文章を書くのが苦手な人は普通にやってしまうミスです。

主語と述語の位置がめちゃくちゃになって、よくわからん文章になっているものを時々見かけます。

 

例題を用意しました↓

 

悪い例

『アフィリエイトは、コピーライティングの勉強をして稼ぐ必要がある。』

 

『アフィリエイトで稼ぐ』のには「コピーライティングの勉強」が「必要」だと言いたいのに、

「アフィリエイト」と「稼ぐ」、「コピーライティング」と「必要」が

それぞれのワードが遠い位置関係にあるので、文章が意味不明なことになっています。

 

よって、ちゃんと位置関係を把握して文章を書きましょう。

 

良い例

『アフィリエイトで稼ぐには、コピーライティングの勉強が必要である。』

 

こうすれば、頭の中に情報がスッと入ると思います。

 

私も自分の思うがままに文章を書くと、「自分は理解していること前提で書いてしまう」のでこんなことがたまーにおきます(笑)。

ですから、何も知らない読者の気持ちになって文章を書いてください。

 

客観的にみて、読み直しをするのは大事ですよ!

 

 

専門用語をあまり使わない。

 

アフィリエイトで稼ぐには日記みたいなブログを書かずに、何かに特化した専門サイトを作ることになります。

専門的なサイトを作ると、専門用語を使うことがありますが、多用しすぎると、一部の読者が置いてけぼりを喰らいます。

 

例えば、アフィリエイトもコピーライティングも知らない人に、

「アフィリエイトで稼ぐには、セールスコピーライティング勉強だけではなく、ウェブマーケティング の勉強も必要!」

と言われても、わけがわかりませんよね?

 

"ウェブマーケティング" なんて新しい単語も出てきたので、知らない人はさらに混乱しているはずです。

 

専門用語を使うときは、簡単な補足説明を入れるか、解説ページに誘導してあげると親切です。

 

 

こんな感じに↓

Webマーケティングを学ぶなら、こちらの記事を参照してください↓

お金稼ぎの必須スキル! ウェブマーケティングを学ぶならこれ!

 

ですが逆に、専門用語を使うこともあります。

 

アフィリエイトで成果が出ない人に向けて文章を書いているのに、アフィリエイトのやり方の説明を入れても、

 

そんなこと知ってるよ! 稼げない理由とかを調べているんだから!

 

と思われてしまいます。

 

『自分は誰のために記事を書いているのか?』

 

ここを明確にしてくださいね。

 

「それ」や「これ」等の”こそあど言葉”を多用しない。

通称「こそあど言葉」呼ばれるものことです。

 

"指示代名詞"とも言いますが、これを多用しすぎると、

何を指示しているのかが分かりにくくなるので、読者にとって分かりにくい文章になります。

 

悪い例

「私は〇〇カフェでコーヒーを飲んだ後に桜が綺麗な公園へ行った。ここが一番のお気に入りの場所だ。」

 

一番のお気に入りの場所なのは、「〇〇カフェ」なのか「桜が綺麗な公園」なのかどっちなんでしょう?

場所を2つ言っているのに一番の話をしているので、これだと意味がわかりませんね。

 

良い例

「私は〇〇カフェでコーヒーを飲んだ後に桜が綺麗な公園へ行った。公園は一番のお気に入りの場所だ。」

 

このように、”こそあど言葉”を減らして、読者に情報を伝えやすくするのも大事ですが、

ブログで稼ぐためのライティングテクニック的にはもっと大事な理由があります。

 

 

”こそあど言葉”を”キーワード”に置き換える

 

SEO対策に向けてブログの文章を書くなら、なおのこと”こそあど言葉”は控えてください。

悪い例

『Web上で稼ぐにはコピーライティングの勉強は大切です。これを学ぶだけで収益が何倍も変わります!』

一見すれば、そんなに意味不明な文章ではないですが、ネットで集客をするにはこれだけでも損しています。

 

もしあなたが、”コピーライティング”でキーワードを狙っているなら、こう書き直しましょう。

良い例

「Web上で稼ぐにはコピーライティングの勉強は大切です。コピーライティングを学ぶだけで収益が何倍も変わります!

言葉が、

『これ』⇨『コピーライティング』

に置き換わっただけですが、SEO的にはキーワードが増えているので、少しですが有利になります。

 

ただし、無闇に使いすぎて分かりにくい文章になるのはNGです!

SEOに有利性よりも、読者にとって分かりやすい情報を伝えるほうが大事ですよ!

 

でも、「こそあど言葉」を「狙っているキーワード」に置き換えられそうなら、置き換えてみましょう!

そのあと、読み直して文章がおかしくなってたら直せばいいです。

 

まとめ この3つができているだけでも、大分分かりやすい文章になる!

先ほども言いましたが、ここで紹介したブログライティングのテクニックはほんの一部です。

誰でもすぐに改善できるような方法を一部抜粋しただけで、本当はもっとたくさんあります。

 

しかし、コピーライティングの知識に囚われすぎて、基本をおろそかにする人って結構多いです。

(私もこのタイプでした 笑)

 

基本ができてないと、アフィリエイト記事はおろか、普通のメールを書くことすら苦労します。

 

基礎固めをして、自分の言いたいことを書けるようになれば、立派なオリジナリティがあるサイトに出来上がりますよ!

 

なお、

「基礎は大丈夫だけど、アフィリエイト記事の文章の書くのが苦手だ!」

という人はこちらのこちらの記事に私なりの苦手克服法を書きました↓

もう苦手にならない! アフィリエイト記事の文章の書くのに必要な事

 

では今回も、お疲れ様でした。

 

Ko-hei

 

セールスコピーライターなって、稼いでいくにはどうしたらいいのか?それを教えているメール講座をやっています!

 

こんにちは、Ko-heiです!

 

私はセールスコピーライターはうつ病で苦しんでいても、人並み以上に稼いでいける仕事であると思っています。

 

もしあなたが、

 

  • うつ病になって会社勤務が難しい・・・
  • 在宅ワーカーになって、なるべく人との接触を避けたい
  • 今はブラック企業に勤めていて、このままじゃうつ病になるかもしれない!
  • 就職、復職に悩みがある。

 

と考えているなら、セールスコピーライターの仕事をおすすめします!

 

そして、セールスコピーライターとして稼いでいける方法を、無料のメール講座で配信しています。

 

セールスコピーライターに必要なスキル、すなわちコピーライティングの習得方法や、ネットでの稼ぎ方を提供しているので、

もし少しでも興味があるなら、是非登録してみてください!

 

『うつ病ライターKo-heiが教えるメール講座(略してうつKo-座)』

 

 

お名前  
メールアドレス

※講座は不定期更新です。

 

あなたのご登録をお待ちしています!

 

Ko-hei

 


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
検索
このサイトの管理人

Ko-hei

バンドマンを目指していたが、うつ病になってしまった。楽器はドラムを担当。

しかし、うつにめげずにセールスコピーライターとして、いくつもの案件に取り組んで成果を出している。

友人からは「いつも疲れてる顔をしてるね。」なんて言われがちだが、そんなことはない。

コピーライターとしての傍ら、セールスライティングをバンド活動に活かせないかと考えてもいる。

実績の1つとしては、記事数20記事以下の状態でも検索順位TOP10内に表示できている。

 

詳しいプロフィールはこちら

登場人物

ハツ

人見知りが激しい就活浪人生。

人前で話すことが得意ではないので、人間関係にも苦労しており、最近少しウツ気味。

「せっかくだから、時間に余裕のある働き方をしたい!」と思っている中、セールスコピーライターという職業を知った。

ページの先頭へ